ブログ記事

2021-10-29 09:23:33
防犯カメラをつけてみた

こんにちは

永大ハウス川口店の鈴木です。

 

ソーラーパネルで充電し、Wi-Fiで接続し見たり録画できる防犯カメラを買ってみました

 

昔からお引き渡しさせてもらったお客様にはよく聞かれていました

外壁に配線まわしたり、本格的にやるとお金もたくさんかかって大変ですよね

と半ば諦めモードでお話しすることが多かったです

 

4、5年前くらいから色々調べたりしていて最近ずっと気になっていた太陽光充電Wi-Fi防犯カメラをついに買ってみました

開封動画です

 

 

 

買ってみたのはWTW (株)塚本無線の亀ソーラー2というモデルです

 

 

デザインと価格、取り扱い(取り付け)しやすい、画質も良さそうとのことで選んでみました

楽天で15,800円でした

他にさびにくいネジ(400円位)やマイクロSDカード(32GBで3480円)も買いました

 

アプリを使って接続し簡単なテストをしましたが、思っていたより画質もきれいです

センサーから5m以内でよく動くものがある場合はすぐ充電なくなってしまうみたいですので道路とかには向いてないですね

ガレージや物置のそば、玄関やゴミ捨て場などに良さそうです

 

防犯カメラのスペックです

録画解像度 1920×1080  MP4

撮影画角 80度

音声録音 有

ナイトモード 有

PIR検知距離 最長約5m

録画時間 32GBで60時間分ほど 

上書き録画 有

インターネット接続は光回線推奨

動作環境温度 -25度~60度

バッテリー 10400mAhリチウムイオンバッテリー

動体検知の頻度が10分~20分に1回検知する場所に設置する場合は太陽光での充電量よりも使用量の方が上回りカメラの電源が入らなくなります

 

 

 

 

取付場所に悩んでました(位置というより地面からの高さ)ソーラー充電 Wi-Fi防犯カメラをやっと取り付けました

 

 

我が家の場合ですが、外壁サイディング(16mm)と構造用合板(9mm)、そのサイディングと構造用合板の間には隙間(15mm)があるので、4mm×50mmの長めのサビに強いステンレスビスを用意しました

 

 

また穴を開けた際に雨などで水が侵入しないように、↑穴を開けた後ボンド社のシールプライマー(密着性増強用下塗り材)を使ってシーリング(コーキング)↓が付きやすいようにしました

 

 

 

 

シールプライマーはしっかり乾燥(40分くらい?)させてから、その開けた穴に思いっきり外壁用の使い切りの変成シリコーンを流し込みました

ビスにもたっぷり付けてます

締め付けの際に、金属の台座でサイディングが傷まないようにシリコンのシートも挟んであります

あまりビスを締めすぎると付けた場所によっては外壁サイディングが割れたりヒビが入りますので注意が必要です

 

 

動画はこちら

 

 

 

 

しっかり付いてますが、ソーラーパネルが大きいので、台風の時はカメラだけ外した方が良いのか今すごく悩んでますw

先日の台風や地震は問題ありませんでした。

 

少し使ってみてからまたレビューします

 

 

 

お客様ご自身で外壁に穴を開けた場所に対しては雨水の侵入等に関しての保証は効かなくなります

ご注意ください

 

 

☆永大ハウス川口店 通話無料【0120-256-145】☆

 


一覧へ戻る